ありがとうの家づくり

社長あいさつ

こんにちは、ささもと建設 代表の笹本愛子です。
この度は弊社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

私たちささもとグループは、

青梅市を中心とした西多摩エリアで、
賃貸アパート・マンションの紹介、斡旋から、一戸建てのマイホームつくりまでを一貫してお手伝いさせていただく、「住」に関するプロフェッショナルの会社です。

グループの中で、
ささもと建設はお客様の一生で一番大きなお買い物となるマイホームのご提供をさせていただいています。

私たちの「マイホームつくり」の考え方を少しお話しさせていただきますと、

 ・ 時間をかけたヒアリング
 ・ 品質、価格でお客様に合ったご提案
 ・ 構造重視の安全住宅
 ・ 何がお客様にとって最良の住まいか見極める

この→4つのキホンをとことん追求した住まいづくりを行っています。

いわゆる「建売住宅」や大手ハウスメーカーさんの「企画住宅」に比べると、ずいぶんと手間のかかる家づくりです。

このことは、私たちだけが手間がかかるのではなく、家を建てるお客様にもお手間をいただくような家づくりです。


「何だかメンドくさそうだなー。」
「別に企画住宅でかまわないよ。」

そう思われましたか?

もう少しだけお付き合いください。

 
 
どうして“時間をかけてじっくり”と家づくりをさせていただくようになったかというと、
私どもささもと建設の過去の経歴の中に理由があります。


もともと、ささもと建設は材木店として始まりました。
私は、材木店を営む笹本の家に嫁いで来たのですが、
はからずも材木店の若女将として、今の仕事に携わり始めました。

時期は、高度成長期からその後のバブルの時代。
ほっておいても、材木店で取り扱う材木や建材といった商品は、
得意先の建設会社、工務店へどんどん売れていきました。

私も、工務店さんの事務所や建築現場まで出向き、注文をいただいたり配送をしたりで、
“女だてらに・・・”と言われることを気に留めることもなく、
その時いただく「ありがとよ!」の言葉がただただとても嬉しくて、仕事にのめりこんでいきました。

しかしそのような中、違和感を感じることがありました。
間取りの設計や住宅機器選びで、建設会社側の意向が優先され、
できあがった家にお客様の生活のほうを合わせて住む。
作り手側と住まう側でお互いの顔が見えない家づくり、当時の建築業界としては、ごく当たり前の状況でした。

自分は「ありがとよ。」の言葉が嬉しくて仕事をしているのに、
「ありがとう。」の言葉が行き交わない家づくりに疑問を感じるようになりました。

妻として、2人の娘の母親として家事を両立させる生活をするにつれ、「家」について考えることも多くなり、
その違和感はどんどん膨らんでいきました。

時間を掛けてでも、それぞれのお客様にとって最良のマイホームを提供したい。
お客様と一緒に「ありがとうの家づくり」をしたい。
そんな想いが重なって、材木店から建設会社に生まれ変わりました。

その後、
建設会社の看板を掲げてから、13年。
試行錯誤の毎日ですが、本当に納得いただける家づくりに日々邁進しています。

幸いにも、ささもと建設には私と同じ想いのスタッフ、協力業者が揃っています。

本当に納得できる家づくりをお望みの方は、ぜひ一度ご相談いただければ幸いです。
あなた様のマイホームの夢が実りある現実のものになるよう、心よりお祈り申し上げます。

画像(180x48)



ささもとの家づくり もっと詳しく・・・
ささもと建設の家づくり4つのキホン!はコチラをクリック

画像(580x135)・拡大画像(600x140)


ページのトップへ ページのトップへ