理想の住まいづくり〜上手にワガママを叶えるコツ〜

画像(145x200)

営業 山本

こんにちは! 山本です。
このページでは、

・家を建てる土地は既に決まっている
・建て替えなので、土地の心配がない
・とにかく、理想の家づくりについて知りたい

という、家づくりの計画が目下進行中のみなさまに、

「理想の家づくりをするためにまず、何を始めればいいの?」
「まず、自分達で出来ることは何?」
など、理想の家の建て方について、お伝えしたいと思います。

家全体の総予算っていくらかかるのだろう?

理想の家づくりというと、

「キッチンを広くしたい」
「家族全員がくつろげるリビングが欲しい」
「駐車場が2台欲しい」

あれもしたい・・・
これもしたい・・
と、夢広がりますよね。

ですが・・・すみません!!

まず、冷静になってください。

■理想の家づくりのコツその1

あれも、これものために、まず資金計画

ささもと建設のホームページを何度もご覧頂いている皆様にとっては、
「うわっ、出た!」「またか!」という話かもしれませんね。


恐縮です。


でも、それだけ資金計画は大事なんです。

−−−土地あり、建て替えの場合は、土地があるから、安く建てれるし、細かい資金計画は不要なのでは?

はい。もちろん、土地があるということはその分の費用はかかりません。
ただ、家を建てるには、建物の費用以外にも、引っ越し代やキッチンなどの住宅設備代、手数料などの諸経費も多くかかり、そのほとんどが、住宅ローンを組めないものばかり。
(もし、ローンが組めますよ、と言われたら、何らかの不正や余分なお金がかかっている場合があります、ご注意を)
建て替えの場合には、解体費、これが結構かかります。

そう考えると、後から後悔しないためにも、資金計画は必要です。

「家って、そんなにお金がかかるのか〜」
資金計画後、ほとんどのお客様がおっしゃる一言です。

まずはここからのスタートでも、話が進んで後からこの言葉がでるくらいなら、私はいいのではないかと思います。

実寸大の現場を見ることで、よりリアルなイメージを

さて、お待たせしました。

次は、資金計画後のお話をしたいと思います。(やっとか・・という声が聞こえてきますね)

■理想の家づくりのコツその2

2つのポイントを押さえて、実際に立っている家を見る。

資金計画が終わり、ある程度家づくりのイメージが出来たら、次は実際の家を見ることをおススメします。

実際の家を見ることによるメリットは、

図面ではわからない、具体的なイメージが持てる。
自分が住んでいるイメージを持つことで、新たな希望がわいてくる。

といったところでしょうか。
やはり、本物の家は、いいですよね。私も見学会は大好きです。

さて、そうやって家づくりの見学会に行かれる際に、
気をつけていただいたいポイントが2つございます。

 ◆なるべく、実寸大に近い家を見てほしい

  実際の家と聞いて真っ先に浮かぶのが、モデルハウスや総合展示場ではないでしょうか?
  ダメ・・とは言いませんが、できることなら、よりご自身が建てる家に近い家を見学されることをお勧めします。
  理由は簡単、現実的ではない、立派すぎるモデルハウスでは、実際のイメージがわきづらいから、です。
  キレイすぎる現実離れをしたモデルハウスに行くくらいであれば、
  築数年でも結構なので、実際に家を建てたばかりの友人・知人の方がいらっしゃれば、
  見せていただく方がより参考になると思います。
  (※もちろん。ささもとでも現場見学会を行っていますので、
    「今回はどんな見学会なの?」とお気軽にお問い合わせください)

 ◆建築用語を体感してきて欲しい。

  建築の専門用語って難しい。でも、どんなにわかり易く表現しようと思っても、避けて通れない部分もあります。
  それを実際に体感することで、何となくでもイメージが持て、より、自分の理想を正確に伝えるのに役立ちます。
  
  簡単なことでいいんです。
  ポイントは、広さ高さ
  例えば、
  8畳ってこれくらいの広さかぁ・・とか、
  クローゼットの広さ○○平米ってこれくらいかぁ・・とか、
  屋根もこれくらいの高さが○メートルなんだな・・とか。
 
  他にも、色や音、気温など、体感しなければわからない部分は、意識的に感じていただくといいと思います。

ささもとがサポートできること

いかがでしたでしょうか?

まだまだお伝えしたいことはございますが、
ここから先が気になる方は、

◆無料プレゼント
マイホームを考える前に知らないと絶対に損をする重要なポイント

をご覧いただくか、

◆毎月開催中の現場見学会
ささもと建設完成現場見学会、最新イベント情報

に、直接お越しください。

家づくりアドバイザー

をはじめとした、ささもとのスタッフがおもてなしの心を持って、ご案内させていただきます。

画像(145x200)

山本

画像(145x200)

相原


 

ページのトップへ ページのトップへ